家賃を上げて、差別化を図る方法   

ここだけの話ですが、田町エリアの築30年以上の

シングル向け分譲マンションは、ほぼ室内に洗濯機置き場がありません。

なぜなら事務所仕様だったり、1階にコインランドリーが

設置されているからです。

つまり、室内に洗濯機を新しく設置すると

他の物件と差別化できます!

例えば、このお部屋は以前まで入居者は徒歩2分のところに

コインランドリーがあるので、そちらを使っていました。

退去後、オーナー様に室内洗濯機置き場の設置をご相談。

リフォームを150,000円ほどかけて完成しました。

家賃は前回より3000円を上げて、募集をしたところ1週間で

お申し込みをいただきました♪

リフォーム前

リフォーム後

資本改善率で考えると、

家賃3000円×12か月(年間の増加収入) ÷ 150,000円(リフォーム費用) =24%!!(年の利回り)

この時、オーナー様に「リフォームの金額を回収するのに4年もかかるじゃないか。」と言われます。

しかし、投資家目線で考えるといかがでしょうか?

現在、国内メガバンク3行の定期預金(1年)の金利は

0.025%とほとんどゼロの状態。

投資信託の国内株式型の過去10年の

リターン5.36%(モーニングスターより)

比べると、とても効率の良い投資だといえます!

どのようなリフォームをすれば、入居が決まるの?

家賃相場はどれくらい?など

具体的なご相談がありましたら、ぜひお気軽に

お問い合わせくださいね!!

カテゴリー: 不動産投資, CPM   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。