覚えておきたい不動産投資の指標 キャッシュフローツリー(1)

7回にわけて不動産投資の指標についてお伝えしたいと

思います。

始めはキャッシュフローツリーについてです。

CPM(米国認定不動産経営管理士)取得者は、

授業でこのキャッシュフローツリーに

ついて学び、半年をかけて習得をします。

GPI(総潜在収入)
-空室損、未回収損
+雑収入

EGI(実効総収入)
-OPEX(運営費)

NOI(営業純利益)
-ADS(年間ローン支払い額)

BTCF(税引き前のキャッシュフロー)
-TAX(所得税・住民税)

ATCF(税引き後のキャッシュフロー)

になります。

不動産投資家、さらに言えば不動産業者で、

この指標を知っている方はどれだけいるでしょうか?

失敗した人は不動産投資を年間家賃÷購入価格×100

=利回り(表面利回り)と考えている方が多くいます。

少し難しい内容かもしれませんが、このキャッシュフローツリーを

学ぶことで、不動産業者と対等に、

もしくはそれ以上に対話することができ、

言われるまま投資をして失敗することはなくなります。

なぜなら、業者によっては年間家賃から年間ローンの支払いを

差し引いてキャッシュフローとして試算し、正確な金額を

提案しない業者も未だに多くいるからです。

次回から詳細について説明したいと思います。

カテゴリー: 不動産投資   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。